キッズプログラム

虫歯治療後のこと

小児の詰め物が外れやすい理由と避けたい対処法について

小児の虫歯治療を行った後は、大人と同じように、施術箇所に詰め物を入れて対応します。 しかし、小児の詰め物は大人と比べて外れやすいため、注意しなければいけません。 今回はこちらの理由と、詰め物が外れてしまった場合に避けなければいけない対処...
虫歯治療前のこと

幼児は何歳から歯科クリニックに通わせると良いのか?

幼いお子さんを持つ親御さんの中には、「何歳になったら、歯科クリニックに通わせるべきなのか?」という疑問を持っている方もいるかと思います。 通院させるのが遅れ、幼い頃から口内環境が悪くなってしまうことは避けたいところです。 今回は、幼児を...
矯正のこと

小児の矯正治療を早期に行うことのメリット・デメリット

お子さんの歯が永久歯に生え変わり始めると、親御さんは歯並びについて気になってくるかと思います。 また、歯並びを改善する治療といえば矯正治療ですが、小児の矯正治療を早期に行うことには、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? ...
虫歯予防

小児の歯科検診でチェックされるポイントについて

学校などで行われる小児の歯科検診は、一人一人の状態を詳しく検査し、診断を下すものではありません。 歯の健康状態を大まかに検査・記録し、現状を把握してもらうことで、今後の健康維持や促進に活かしてもらうことを目的としています。 今回は、小児...
口内炎のこと

小児の歯茎の出来物とは?~考えられる症状について~

小児の歯茎に出来物があるのを発見した親御さんは、とても不安な気持ちになるかと思います。 特に、それによって小児が痛みを訴えている場合などは、よりその不安が大きくなることでしょう。 ここからは、小児の歯茎に出来物ができている場合に考えられ...
その他

小児に見られる“癒合歯”とはどのような症状なのか?

小児の歯に見られる症状の1つに、“癒合歯(ゆごうし)”というものがあります。 こちらは、歯の形態異常であり、放置することでさまざまなリスクが生まれるものです。 今回は、癒合歯の概要やリスク、歯科クリニックでの治療法などについて解説したい...
その他

小児の“過剰歯”における原因やリスク、治療法について

小児の乳歯が生え揃う時期、または永久歯に生え変わる時期には、思わぬ症状が出てしまうことがあります。 その1つに、“過剰歯(かじょうし)”というものが挙げられます。 今回は、小児の口内にさまざまな悪影響を及ぼす過剰歯の原因やリスク、治療法...
その他

小児の歯に見られる“中心結節”のリスクや治療法について

小児の歯でたびたび見られる症状の1つに“中心結節(ちゅうしんけっせつ)”というものがあります。 あまり馴染みのない症状かもしれませんが、もし発症したのであれば放置してはいけません。 今回は、中心結節の概要やリスク、歯科クリニックでの治療...
その他

小児の八重歯が生えてくる原因やデメリット、治療法について

“八重歯”とは、上顎の犬歯によく見られる、歯列から飛び出し、他の歯と重なっている状態の歯をいいます。 1つのチャームポイントと捉える方もいるかもしれませんが、小児の八重歯は歯科医療の観点から、早めに治療することをおすすめします。 今回は...
ブラッシングのこと

【親御さん必見】幼児に使用する歯磨き粉の疑問を解決します

大人の歯磨きと同様に、親御さんが幼児の歯を磨くときにも、当然歯磨き粉を使用することはあります。 しかし、このとき親御さんには、「何歳から歯磨き粉を使うべきなのか?」「どのように製品を選べば良いのか?」など、さまざまな疑問が生まれるかと思い...
その他

小児の歯並びを悪化させないためにやめさせたい悪い癖

歯並びがキレイな小児は、見た目が良くなるだけでなく、虫歯や歯周病のリスクも減少します。 また、小児の歯並びを悪化させないためには、良くない癖を親御さんが把握し、意識してやめさせるようにしなければいけません。 今回は、どのような癖に注意す...
その他

小児の歯の生え変わりにおけるトラブルや対処法について

小児の歯の生え変わりは、大人への階段を上るための大きな身体の変化です。 しかし、中にはスムーズに乳歯から永久歯へと生え変わらず、トラブルが起こってしまうケースもあります。 ここからは、具体的なトラブルの例や対処法について解説したいと思い...
ブラッシングのこと

小児の喉に歯ブラシが刺さらないようにするための対策

小児は大人とは違って落ち着きがなく、鏡の前でじっとしながら歯を磨くことができない場合があります。 そのため、誤って転倒してしまうなどして、歯ブラシが喉に刺さってしまうリスクが高いです。 今回は、小児の喉に歯ブラシが刺さらないようにするた...
その他

小児の乳歯が抜けそうになった場合の対処法について

6歳頃になると、小児の乳歯は少しずつ永久歯に生え変わっていきます。 また、生え変わりの際には、乳歯がグラグラして今にも抜けそうになりますが、このとき親御さんはどのように対処すれば良いのでしょうか? ここからは、具体的な対処法について解説...
その他

小児の噛み合わせが悪くなってしまう3つの原因について

小児の口内は、ある時期を境に大きく変わっていきます。 生まれて6ヶ月ほどで乳歯が生え始め、2歳6ヶ月頃にはすべての乳歯が生え揃います。 しかし、口内に問題があったり、良くない行動を取っていたりすると、歯がキレイに生えないことがあります。...
タイトルとURLをコピーしました