幼児の歯茎から出血したときに考えられる病気について

特に外傷がないにもかかわらず、定期的な歯茎からの出血が見られる場合、何らかの病気にかかっている可能性が高いです。
また、こちらは幼児に関しても例外ではありません。
ここからは、幼児の歯茎から出血したときに考えられる3つの病気について解説したいと思います。

不潔性歯肉炎

幼児の歯茎から頻繁に出血が見られる場合、不潔性歯肉炎を患っている可能性があります。

こちらは、歯磨きが不十分なところにプラークが溜まることで、歯茎の発赤や腫脹、出血や痛みといった症状が出る病気です。
丁寧にブラッシングをしてプラークを除去したり、歯石を取ったりすることによって、多くの場合は比較的早期に治癒しますが、長期間放置すると重症化し、出血や痛みのために歯磨きや歯石除去が困難になる場合があります。

また、歯茎が腫れたまま硬くなり、元に戻りにくくなることも考えられるため、親御さんは注意しなければいけません。

萌出性歯肉炎

幼児の歯茎から出血が見られる場合、萌出性歯肉炎を患っている可能性もあります。

こちらは、幼児の歯が生えてくることに伴って起こる歯肉炎で、生え始めた乳歯や第一大臼歯、第二大臼歯の周辺などでしばしば見られます。
歯が生えるときには、その歯が周囲の歯茎を押しのけるような形になりますが、萌出性歯肉炎はこのとき歯茎の形状が変わり、食べカスやプラークがつきやすくなるのが原因で発生します。

症状としては、歯茎の腫れや出血などが多いですが、その他にもむず痒さ、歯磨きのときの痛みといった症状が挙げられます。
もし、幼児が歯磨きを明らかに嫌がるのであれば、こちらの病気にかかっていることを疑うべきです。

ヘルペス性歯肉炎

ヘルペス性歯肉炎も、幼児の歯茎から出血が見られる場合に、かかっている可能性のある病気です。

こちらは、ヘルペスウイルスの感染により、歯茎や喉の奥に口内炎が多数でき、その痛みと高熱のため、口から食べたり飲んだりすることが困難になるというものです。
発熱後2~3日後程度経過した後、歯茎の腫れや出血が見られるようになった場合、親御さんはこちらの病気を疑いましょう。

ちなみに、ヘルペスウイルスは伝染力が強いため、親御さんやその他の家族は、ヘルペス性歯肉炎を患っている幼児と同じタオル、コップなどの使用を避けるべきです。

この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・幼児が頻繫に歯茎から出血する場合、何らかの病気にかかっている可能性が高い

・不潔性歯肉炎は、歯茎の発赤や腫脹、出血や痛みといった症状が出る病気

・萌出性歯肉炎は、幼児の歯が生えてくることに伴って起こる歯肉炎

・ヘルペス性歯肉炎は、ヘルペスウイルスの感染によって発症する病気

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

埼玉県和光市で歯科(歯医者さん)をお探しの際には、是非、和光おとなこども歯科にご連絡ください!
患者様のことを最優先に考えた、オーダーメイドの治療プログラムで対応させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました