塩で歯磨きをすることのメリットとデメリットについて

「塩は歯茎に良い」「塩で歯磨きをすると効果がアップする」
このような噂を聞いたことがある方は、決して少なくないと思います。
では、実際塩で歯磨きをすることのメリット・デメリットには、一体どのようなことが挙げられるのでしょうか?
気になる方はぜひ最後までご覧ください。

塩で歯磨きをすることのメリット

塩で歯磨きをすることにより、殺菌効果を得ることができたり、唾液の分泌量を増やしたりすることができます。
そのため、ある程度虫歯のリスクは軽減されます。

また、塩の浸透圧により、歯茎の中に溜まっている老廃物を排出しやすくなり、歯茎の引き締め効果も得ることが可能です。

ちなみに、昔塩は歯磨き粉の代用品として使用されていました。
その名残からか、今でも歯磨き粉の成分の1つとして、塩が配合されているケースがあります。

塩で歯磨きをすることのデメリット

塩で歯磨きをすることのデメリットとしては、やはり歯や歯茎を傷つけてしまうことが挙げられます。

塩の結晶は硬度が非常に高く、歯や歯茎と擦れ合うことによって、削ったり傷つけたりしてしまうおそれがあります。
また、歯が削れて溝ができると、その部分に食べカスやプラークが溜まりやすくなりますし、傷ついた歯茎は細菌感染のリスクが高まってしまいます。

その他、歯茎から多量の塩分が吸収されることで、塩分過多になってしまう可能性があるのもデメリットです。
塩分を摂取しすぎると、血圧が上昇したり、喉が渇きやすくなったりする上に、高血圧症や腎臓疾患などを発症することも考えられます。

塩で歯磨きをするのはアリ?ナシ?

結論からいうと、塩で行う歯磨きには、デメリットを上回るほどのメリットがありません。

確かに、塩には殺菌効果や唾液の分泌量を増やす効果、歯茎の引き締め効果などがあります。
しかし、歯磨きにおいて重要な汚れや黄ばみを落とす効果、口臭の予防効果などはほとんどありません。

そのため、塩をつけるくらいなら、何もつけずに歯ブラシだけで磨く方が、歯や歯茎を傷つけない分まだ良いと言えます。
実際、塩での歯磨きを推奨している歯科クリニックがいないことが、その事実を物語っています。

この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・塩で歯磨きをすることで、殺菌効果や唾液の分泌量を増やす効果を得ることができる

・塩の浸透圧により、歯茎の老廃物が排出され、引き締めることも可能

・塩の結晶は硬いため、歯磨きに使うと歯や歯茎が傷つくおそれがある

・歯茎から塩分が吸収されることで、塩分過多になる可能性もある

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

埼玉県和光市で歯科(歯医者さん)をお探しの際には、是非、和光おとなこども歯科にご連絡ください!
患者様のことを最優先に考えた、オーダーメイドの治療プログラムで対応させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました