虫歯の痛みがある時におすすめの料理

虫歯を発症している方は、ほんの少しの刺激でも痛みを感じるケースが多いです。
すると普段通り、気兼ねなく食事を摂るのが困難になります。
そこで今回は、虫歯の痛みがある時におすすめの料理をいくつかご紹介しましょう。
現状では痛みがない人も、今後の備えとしてぜひ知っておいてください。

強烈な痛みがある場合に食べるべき料理

虫歯の痛みが強く、何も口にしていなくてもズキズキするような場合は、あまり噛まなくても良い料理を食べましょう。

そして、このときには歯の健康を保つ栄養素であるタンパク質、ビタミンをなるべく摂取すべきです。
タンパク質は、エナメル質の内側にある象牙質を作る栄養素であり、ビタミンA・C・Dには、エナメル質や象牙質を良質なものにする働きがあります。

もちろん、身体のエネルギーになる炭水化物も、柔らかい状態にして食べるべきです。

具体的には、以下のような料理を食べましょう。

・冷奴、湯豆腐(絹)
・茶碗蒸し
・ポタージュスープ
・野菜、果物のスムージー
・おかゆ など

やや痛む場合に食べるべき料理

虫歯が少しだけ痛む場合は、多少形が残っている料理を食べても大丈夫です。

ただし、野菜はいつもよりも小さめにカットし、火が通りやすい状態にしなければいけません。
魚料理や肉料理に関しては、煮込み料理を食べるようにしましょう。

例としては、以下のような料理が挙げられます。

・ネギトロ
・うどん(柔らかめ)
・白身魚の煮付け
・煮込みハンバーグ
・煮物(柔らかめ) など

“清掃性食品”を含む料理もおすすめ

虫歯が痛むときは、食材として“清掃性食品”が使用されている料理も摂取しましょう。

清掃性食品とは、名前の通り歯をキレイにしてくれる食品のことをいい、間接清掃性食品と直接清掃性食品の2種類に分かれます。

間接清掃性食品は、摂取によって唾液が分泌され、口内が酸性に傾くことを防ぐもので、具体的には梅干しや酢などが該当します。
一方、直接清掃性食品は、噛むことで歯や粘膜の表面を清掃してくれる食品で、主に以下の条件を満たしています。

・食物繊維が豊富
・糖質、油分等を含んでいない
・ある程度歯ごたえがあり、飲み込むには咀嚼が必要

具体的にはニンジンやレタス、ゴボウやセロリなどがこちらに該当するため、意識して摂取しましょう。

この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・虫歯の痛みが強いときは、ほとんど噛まなくても良い料理を食べるべき

・虫歯がやや痛むときは、煮物など柔らかめの料理がおすすめ

・梅干しや酢などの間接清掃性食品は、口内が酸性に傾くのを防ぐ

・ニンジンやレタスなどの直接清掃性食品は、噛むことで歯を清掃してくれる

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

埼玉県和光市で歯科(歯医者さん)をお探しの際には、是非、和光おとなこども歯科にご連絡ください!
患者様のことを最優先に考えた、オーダーメイドの治療プログラムで対応させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました